40代で月に10万円貯金出来ている人は30代からの延長!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

月に10万貯金する方法

に10万を貯金する方法を知ってますか?

月に10万貯金するのは、

意外と難しいものです。

お金の事って周囲の方に聞けないし、

我が家の貯金ってこれだけしかないのに

他の家に方が

裕福に見えたりする事ってありますよね。

40代夫婦の平均貯金額は、

な・・なんと9万円程が理想だそうですが、

我が家は無理!って家もあると思います。

その秘密には結婚した年齢や

子どもが居るかなどでも

変わってくると思います。

子どもの居ない家の貯蓄額は

やはりおられる世帯に比べると

約倍近く違うといってもいい時もあります。

どの状況下で変わってくるのかご案内します。

参考にしてみてください。

40代で月に10万円貯金するには

2014年の総務省統計局の調査によりますと、

20代約8.8万円、

30代約10万円、

40代9万円だそうです。

この統計で分かる事は、

20代はまだ給与が少なく、

40代は結婚していると

子どもの教育費などに

使うお金が増え

貯蓄に回せないという事です。

月10万円をキープしようと思うのであれば、

30代からコツコツと調整していく必要があります。

若くで結婚された方なら

30代での出費が一番多いかもしれませんが、

近年晩婚が増えてきています。

老後の事を考えると

貯めれる時に「貯めておく」が理想ですが、

なかなか若いときは難しいですよね。

毎月の平均貯金額の基準は

月の理想の貯金額は

いくらなのでしょうか?

家族収入手取り合計の25%だそうで、

最低でも20%は

貯蓄に回した方が良いそうです。

毎月いくら、

と設定してしまうと給与によっては

キツイ場合もありますので、

もしかしたら%提示で

決める方が良いのかもしれません。

ポイントはやはり収入に

見合った生活をする事

ではないでしょうか。

月に10万円貯めるためのポイントは

に10万円

という考え方は大事ですが、

年間で貯める方法もあります。

月10万円はキツイけど、

って方でも年間120万円になれば

月10万円貯まった事になります。

ボーナスなどがでるのであれば、

ローン払いなどを止め

極力月の収入で生活するようにし、

貯蓄を真剣に考えても

良いのではないでしょうか。

ただ、子どもさんがおられる世帯では

子どもさんが中学までの間に

貯金額を高目に設定していないと、

高校からは結構なまとまった金額で

お金がでていく為、

貯金額はガクッと下がってしまいます。

この頃からの月の貯金額は

下手すると半分って家庭も

多いのが現実です。

年子だったりすると

年単位でまとまってでていくので

注意が必要になります。

かがでしょうか?

お金にまつわる話って

なかなか出来ないですよね!

今回の内容はいかがだったでしょうか?

思い通りに貯金できず

イライラしている方も

多いとは思いますが、

目標を決め進んでみてはいかがでしょうか。

家庭にあった貯金方法はあると思います。

1人で悩まず

夫婦二人三脚で相談し

最善な方法が見つかるといいですね。

次回の記事はおそらく になるでしょう。
アラフォーパパって何者

■アラフォーパパって何者?
小遣い3万円。2児のパパ。
どこにでもいる平凡なアラフォーが・・・
⇒続きはこちら

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする